メタボで打たれ弱い独身ダメリーマンの奮闘記

デブで気弱な独身サラリーマンの出来事など。最近ではストレスから発症した痔や便秘の症状に苦しんでいたりします(汗)

切れ痔といぼ痔をこっそり自分で改善させるために私が行ってみた方法など

さて、以前の記事で私が過去に切れ痔といぼ痔(外痔核)になったときの様子などを綴っていましたが、実は最近ではそれら痔の症状に悩まされずに平穏な日々を送れるようになってきています。

とはいえ、便秘だけはいまだにたまになってしまうのですが、とりあえず痔の症状についてはほとんど悩まされることなくなってきています。

そうは言っても、厳密にいうと痔が完治したという訳ではないのが実状だったりします。

でも、今は肛門科などの痔の専門医がいる病院に通院しなくても、痔の痛みや出血に見舞われることがほとんど無くなったので、それだけでもありがたいことなんですけどね。

あ、私が痔の専門医に通っていたときの様子については、また機会があればご紹介したいと思ってます^^;

 

 

私にとって痔の症状はたまたま弱い箇所だっただけ?

私は過去に痔の専門医に通っていたほど痔に悩まされた時期もあったので、それに比べれば今はとても幸せな状況だと思ってます。

私が思うに、人間ってそれぞれ身体に弱い部分があり、人によって弱い箇所が異なると思うんですよね。

例えば、仕事なんかでストレスを受けると胃が痛くなったり、また下痢をしたり、はたまた頭が痛くなったりと、その人の身体の弱い箇所に痛みや炎症などが症状となって現れてくると思うんです。

それが私の場合、たまたまお尻(肛門)だっただけであり、それって他の人でいう胃の痛みなんかと同じだと思うんですね。

でも、ストレスによる胃の痛みって、一時的に胃薬で治まったりしても、それも一時的な対処であり、結局完治させるのってなかなか難しいと思うんですよね。

だから、自分なりに許容できる範囲で、痔の症状と付き合っていくしかないのかなと思っている訳で、無理に痔を手術して完治させなくてもいいんじゃないかと私は思ってます。

まあある意味、痔は自分の身体の一部みたいな感じなのですかね(笑)


痔を自分で改善させる方法を模索し始めた経緯など

さて、私の近況などはこの位にして、ここで私が実際に痔の症状を改善させた方法(というか軽減させたという表現の方が近いですかね)に辿り着いた経緯について紹介したいと思います。

先にも触れましたが、当時の私は痔の症状が悪化し、週末ごとに痔の専門医がいる病院に通ってました。

過去に切れ痔からいぼ痔へ症状が遷移したあとは、なんと今度は肛門周囲膿瘍から痔瘻(痔ろう)の症状に見舞われて、排便痔に大量出血してしまったのでした。

あ、痔瘻(痔ろう)になったときの様子はまた後日紹介しますね(汗)


しかも、痔瘻(痔ろう)の症状って強烈に痛いんです。

というか、肛門周囲膿瘍によって肛門周りにできた膿の袋が、下着や椅子にちょっと触れただけでも激痛に襲われるんですけどね。

それで、いてもたってもいられず、最寄りの外科医を訪ねたという訳なんです。

そしてその場で肛門周りにできた膿が溜まった袋を切開したのですが、その後色々あって痔の専門医がいる病院に通うことになったのです。

で、そこで肛門の様子を診察してもらったところ、痔(当時は痔ろう)を根本的に治すには手術しかないと言われ躊躇してしまいました。

手術が怖いということもあったのですが、実は私、極度の薬アレルギーを持っていたので、手術による投薬でリスクを伴うことを言われたので、その場で手術の決断はしなかったのです。

そのため、その時は強力ポステリザン軟膏(2g)という薬が処方され、それを朝晩肛門内に注入して殺菌する治療を行うことになりました。

ちなみに、この強力ポステリザン軟膏ですが、巷の市販薬ではボラギノール注入軟膏に似た形状をしており、肛門内に注入しやすい形状となっています。

ただ、これを毎日朝晩注入するのはかなり面倒なんですよね。

そして薬アレルギーを持つ身としては、数ヶ月にわたる投薬というのは抵抗があったのです。

なので痔の専門医に頼らずとも、自分一人で自宅で痔を改善させる方法がないか模索するようになったのです。



実際に痔を改善する方法に辿り着いた経緯など

それからしばらくは痔の病院への通院は続いていました。

でもそれと同時に、自分でも痔(この時は痔ろう)を改善させる方法がないか模索していた訳なのですが、まずは手っ取り早く情報を集めるため、大型の本屋さんで痔を改善するための本を探しに行きました。

本屋さんに行くと、痔に関連する書籍はそこそこあったので、いくつか気になる本を購入して、しばらく読みふけってました。

でも、本屋さんで売っている書籍で紹介している改善方法というのは、なかなか根気がいりそうで続けられるか不安に感じました。

なんせ根っからの怠け者なので、続けるのがおっくうになってしまうんですよね^^;

と、同時にネットでの情報収集も行っていたのですが、でもまあインターネットの世界は様々な情報が溢れていたので、何が有益な情報なのか判断するのが難しかったりしました。

で、その中でいくつか気になった情報に辿り着いた訳なのですが、その中でも特に私が気になったのが、今回紹介するこちらの情報書籍でした。

手術しない!千里堂式 自宅でできる「痔」改善メソッド



こちらは有料で販売しているものなのですが、書籍といっても実演動画と解説付きの実物のDVDで入手することができるのです。

他にもこの手の情報書籍がいくつかあったのですが、こちらの千里堂式自宅でできる痔改善メソッドはテレビに備え付けのDVDプレーヤーで観ることができる点が気に入りました。

パソコンで動画を観るよりも、テレビで簡単に観れた方が手軽に視聴できますしね!

なので実は私、こちらの手術しない!千里堂式 自宅でできる「痔」改善メソッドを購入してしまったのです^^;

そして、その後はDVDで紹介している痔の改善メソッドなるものを実践した訳なのですが、それによって私の痔の症状も徐々に治まってきたのです。

ただこのメソッドですが、即効性はないので痛みや出血がひどくて今すぐ痔の症状を改善したいという方は、すぐに最寄りの痔の専門医を訪ねて下さい。

いくら痔が改善するとはいえ、どうしたってある程度効果が出てくるまで時間が必要になってくるものですから。

ではその模様については、また別の記事で紹介したいと思います。